に投稿

ネックストラップを洗う際の洗剤選びとひと工夫!

こんにちは、スタッフの坂本です。

前回はネックストラップの簡単な洗い方についてお話させて頂きましたが

今回は、洗う際の洗剤選びとおススメひと工夫を紹介させて頂こうかと思います。
ネックストラップの洗剤選び
前回、洗い方を紹介させて頂きましたが、
普通の衣類と同じですとお伝えしただけで終わっておりましたので
私が、ネックストラップを洗う際に使用する洗剤を紹介したいと思います。

ネックストラップの洗剤選び

○洗剤・・・こちらは特に注意する必要はないと思います。

ドライクリーニング指定にも対応した洗剤の方が良いというわけでもございません。
もちろん、コチラのような”オシャレ着洗い”的な洗剤でも問題ないと思いますが
私が、使用する洗剤は一般衣類用の普通の洗剤です。

○漂白剤・・・こちらは、一点注意して頂きたいのですが
”塩素系漂白剤”は避けて頂きたいと思います。

”塩素系”はキッチンやカビ取り剤に使用するモノですので
衣類用の漂白剤は、ほとんどが”酸素系漂白剤”ですが
漂白剤の成分を確認してから、使用する事をおススメします。

○柔軟剤・・・こちらも特に注意する事はございませんが
最近の柔軟剤は、香りを強調するモノが多いと思います。

ご自身の好みの香りを感じたい方には、柔軟剤の使用をおススメします。

ネックストラップの洗い方のちょっとしたひと工夫

普段の衣類の洗濯の話ですが

冬場や梅雨の時期、雨の日なんかは、洗濯物を外に干さずに部屋干しますよね。

外に干したいけど、濡れたり、乾かなかったりするので
部屋干しする事は避けられないと思いますが

部屋干しする際の、一番の悩みは「生乾き臭」だと思います。

特にタオルは、いざ使おうと思った時に、生乾き臭がすると不快です。

私は個人的にタオルに”良い香り”と”柔らかさ”を求めますので
良い香りがしないどころか、逆に「生乾き臭」がするとホントに嫌になります。

この部屋干しによる生乾き臭を軽減する為のちょっとしたひと工夫があります。

それは、洗濯水自体をぬるま湯(約30℃位)にし
洗濯物を投入する前に、先に洗剤と洗濯水をカクハンさせてあげるんです。

ドラム式洗濯機では、このひと工夫をする事は難しいと思いますが
温水で洗う設定が出来るのであれば、温水で洗ってあげると
そのままの水の温度で洗うよりも汚れの落ち方もニオイもましなような気がします。

洗濯機を回す時って意外とバタバタしている時間帯が多いと思うので
普段、液体洗剤だから粉洗剤より溶けやすいので
気にせずにそのまま洗濯機に衣類を投入されている方には
このひと工夫をする事も簡単ではないと思いますが
一度、試してみてはいかがでしょうか?

私は実際にやってみて効果を感じましたので、
手間ですが、部屋干しする事が分かっている時は
このひと工夫をして洗濯しております。

ネックストラップを洗う際には、是非このひと工夫を試される事をおススメします。

あと、前回もお話させて頂きましたが、
ネックストラップを洗われる際は、手洗いして頂きたいと思います。

まとめて、何十本も洗うとなると話が変わってきますが
数本を洗う場合は、洗面器で洗うことになるでしょう。

洗面器で洗う場合は、洗濯水をぬるま湯にする事もカクハンする事も簡単です。

あと、洗面器で手洗いする時の利点がもう一点あります。

ネックストラップのヒモの素材の代表格としてポリエステルがありますが
ポリエステルという素材は、洗っている途中で洗濯水の中の汚れを
吸い込んでしまう特徴があるそうです。
ですので、洗う際には何度か洗濯水を交換されると良いと思います。

ここまでは、洗いについてのひと工夫になりまして、
脱水方法にもひと工夫があります。

ネックストラップ自体が、大きなモノではないので
洗っても残る水分は少ないですが、絞って脱水する事はおススメしません。

脱水の際には、ストラップのヒモの向きを考慮してねじれない様にして
タオル等でカタチを整えながら、水分を吸い取ってあげて下さい。

洗濯機のい脱水のように振り回して遠心力で脱水させる事も型崩れの原因になりますので
おススメしません。

この脱水の時にカタチを整えてあげると、乾燥した際もキレイに仕上がります。

ある程度、タオルで脱水しておいてあげると、乾燥も吊るして自然乾燥して問題ないでしょう。
気になる方は、平干し、日陰で干すなどして下さい。

乾燥の際には、タンブラー乾燥はさけて下さい。

いかがでしたでしょうか?
ネックストラップの洗濯は、普通の衣類を洗濯するのと大きくは変わりません。

これから暖かくなると汗もかきやすくなると思います。

ネックストラップにとっては、薄着とないなって過酷なシーズンなのかも知れません。

洗面器で手軽に洗うことが出来ますのでこちらの記事を参考に
ネックストラップは洗って使うものだと少しでも考えて頂けると嬉しく思います