に投稿

水族館で働く方のネックストラップのお悩み聞いてみました!

水族館画像

目次

  • 是非、水族館で使って欲しい!その理由は、ストラップ濡れませんか?
  • 水族館のスタッフの方は、ストラップの臭いが気になるそうです。
  • ニオイのお悩みもお任せ!クリンネックの効果の一つに、脱臭があります。

こんにちは スタッフの坂本です。

先日、ホタル観賞に行ったお話をさせて頂きましたが
その日の昼間は、家族で和歌山の動物園に行っておりました。

動物園に行く事は、子供達も喜んでいたので
何も問題なかったんですが、
無事に帰宅して数日後にトラブルが発生しました。

そのトラブルとは、動物園のスケジュールが載っている
パンフレットを無造作に置いてしまっていた事が原因でおこりました。

無造作に置いていたので、当然、子供も自由に見る事が出来る状態でした。

そして、このパンフレットを見た息子が気付いてしまったんです。

自分が動物園に行ったにも関わらず、「イルカショー」を観てなかった事に!

その事に気付いた息子は、それから毎晩、
見逃したイルカショーを次の休日に観に行くと話すようになりました。

さすがに、そう簡単には和歌山まで行く事は出来ませんので
また、「夏になったら行こうね」とナダめてはいたんですが
結構ひつこく、言い続けるので妥協案として
「水族館に行こう」という事になり、
先日ですが、水族館に行っておりました。

今回は、動物園に行った際にも気になったんですが
特に水族館では、絶対使って欲しいと思ったんで
その使って欲しい理由と実際に質問させて頂いた悩みについてお話させて頂きたいと思います。

是非、水族館で使って欲しい!その理由は、ストラップ濡れませんか?

先日、水族館に行った際もスタッフの方がされているストラップを観察しておりました。

その時、私が確認できたストラップは2種類でした。

一つは、フルカラーのストラップ

もう一つは、10mmの袋ヒモのストラップでした。

フルカラーのネックストラップは、受付やお土産コーナーなどの直接、水回りと関係しない方
10mmの袋紐の方は、バックヤードなどの直接、さかなとの接点がある方がされてました。

フルカラーの方は、ハードなシーンでの使用ではなさそうなので着けていて
不快感は感じていないように見受けられました。

逆に、10mm袋紐をされている方は、ハードな環境で使用されているようで
濡れていたり、繊維で出来ている紐が摩擦で痛んでおりました。
あまりにも気になったんでついつい聞いてしまいました。

(私):ネックストラップ濡れたまま使っていると不快に感じ無いですか。

(水族館スタッフの方):水に濡れる事には、慣れていているので不快に感じないです。
むしろ濡れている事よりも、ニオイが気になります。

(私):ニオイは慣れないんですね。

(水族館スタッフの方):ニオイに慣れないんじゃなくて、
ストラップは首からぶら下げているんでふとした拍子に臭うんですよ。

こんなやり取りで忙しい中お話を聞かせて頂きましたが、
濡れたままストラップをする事に不快感を感じてると勝手に決めつけておりましたが
その方の一番の悩みは、臭う事でした。

 水族館のスタッフの方は、ストラップの臭いが気になるそうです。

水族館のスタッフの方の話を聞くまでは、自分が水族館で働く方に
「クリンネック」を是非使って欲しいと思う理由は
ストラップを濡れたまま使い続けて不快に感じている想像していたからです。

でも、実際は濡れる事には、仕事柄慣れていらっしゃるみたいで
「ニオイ」が気になるそうです。

自分がおススメしたいと思った理由と
実際に使われている方の悩みは違いましたが、
お悩みが「ニオイ」であれば、
こちらもクリネックの得意分野です。

ニオイのお悩みもお任せ!クリンネックの効果の一つに、脱臭があります。

クリンネックは、単なるPVCではありません。

生地を柔らかに肌触りを良くする為の独自の工夫と
「清潔に保つため」銀系無機抗菌剤ゼオミックを生地に直接練りこんでおります。

記事に直接、抗菌剤を練りこんでおりますので
吹きつけのコーティングのように効果が長続きしないという事もございません。

また、抗菌剤を練りこむ事で 「脱臭」効果もございます。

一般的な袋ヒモの臭いの原因は大きく分けて二つです。

一つは、何かニオイの強いモノが付着する事による表面的なニオイ

もう一つは、繊維内部に汚れが浸透する事で
その汚れを栄養源として“菌”が繊維の内部で繁殖する事による菌繁殖の原因臭です。

クリンネックなら、これら二つの臭いの原因も問題ございません。

何かニオイの強いモノが付着しても、
拭きとったり、水洗いしてサッと拭いてやれば、すぐに解決出来ます。

繊維素材ではないので、汚れが内部に浸透する事はありません。
内部に浸透しないという事は、内部で菌が繁殖するという事もありません。

ニオイの悩みの解決策としても、クリンネックはおススメです。

いかがでしたでしょうか。

少しクリンネック自慢みたいになりましたが、
動物園や水族館へ行った時には、いつも思います。

クリンネックの良さが、活かせるシーンがたくさんあると

動物園、水族館の方へおススメです。是非、一度お試しください。

気になる方は コチラ