に投稿

今までの悩みが吹っ飛ぶ!?いつでもどこでも洗えるストラップ

こんにちはスタッフの石川です。

ついに梅雨に突入しましたね。
私はジメジメする気候はあまり好きではないです。

洗濯物もできなくて部屋干し・・・なんてことも。

ストラップも普通の布のストラップなら手洗いして、水分を拭き取って、
日陰干ししないといけないんですが、この時期だとストックが何本あっても追いつかないし面倒ですよね。

そこで今回はクリンネックの最大の特徴とも言っていい“洗える”をどのように洗うのか、
どのように手入れするのかをご紹介していきます。

 

 

 

目次

  • 洗えるストラップとは?
  • 気になる汚れの種類
  • 手入れ方法
  • まとめ

 

 

 

洗えるストラップとは?

クリンネックのストラップは「清潔」をを必要とされる場所に最適なストラップです。

洗えると言っても洗濯機でそのまま入れて洗えるということではなく、手洗いや除菌シートで
拭き取れるということです。

洗濯機で洗うと先端パーツなどの問題で何かが壊れるかもしれません・・・。

このクリンネックは抗菌性試験によって、大腸菌・黄色ブドウ菌が抑制されることが実証され、
ゼオミック粒子というものが練り込まれてり、抗菌・制菌・脱臭効果があります。

手軽に洗えて簡単にふき取れて、抗菌・制菌・脱臭効果があるので医療関係はもちろん、
HACCP対策が必要な食品関係、異物混入防止、衛生管理に敏感な現場から多くの支持を得ています。

 

気になる汚れの種類

ところで気になる汚れは?というと

ネックストラップは毎日使う物なので表面的な汚れと、臭いが主になってきます。

 

表面的な汚れ

・皮脂

・手垢

・汗の染みつき

・ホコリ

・作業汚れ

・油汚れ

臭い

・汗

・タバコ

・魚

・油

 

など思いつくだけでも数多くの汚れがあります。
実際この汚れがひどくなった時に、綿やナイロン、ポリエステルなどの繊維製ストラップだと、
クリンネックに比べると簡単に気軽に手入れができないんです。

そうして手入れせずにおいておくと、どんどんドンドン汚れが溜まっていきます。
この負の連鎖なんですね。

このような汚れを体験して「手入れ面倒だな」と思ったことがある方は、
次のクリンネックの手入れ方法をご覧ください。

 

 

手入れ方法

ではこの汚れが出てきたときにどう手入れしたらいいの?
という方のために手入れ方法をご紹介していきます。
まずは簡単な手入れ方法としては2通りあります。

 

 

一つ目

 

除菌シートで拭くこと、これがもっとも簡単に手入れできる方法です。

※印刷をしている場合はあまり強くこすると印刷が取れる恐れありますのでお気を付けください。

コーヒーをこぼしてしまった、汗をかいてネックストラップがべたべたになった。

こんな時に除菌シートを持ち歩いて、サッと拭き取れる。
すぐに清潔なストラップを首からかけなおせるというのが最大のメリットです。

二つ目

 

食器用中性洗剤で洗うことです。

油汚れや手垢、汗、タバコ、魚の臭いの染みつきが酷い場合は手洗いで食器用中性洗剤を使って洗ってください。
方法としては

 

 

 

ぬるま湯に薄めた中性洗剤でやさしく洗います

洗い終わったらタオルなどで押さえつけて水気を取る

乾くまではホコリが付きやすいのでドライヤーや扇風機などを避けて自然乾燥すること

 

 

注意事項としては

・熱湯は必ず使わないこと 変形する恐れがあります。

・歯ブラシや硬いものは使わないこと 傷をつけてしまいます。

・ドライヤーで乾かさないこと これも変形する恐れがあります。

 

 

 

※印刷が入っている場合は印刷が取れる恐れがあるので擦ったり強く洗うことはおススメできません。

 

 

まとめ

このようにクリンネックでは軽い汚れから酷い汚れまで手入れが簡単なことがわかりましたね。

「今までこんな汚れたちに悩まされていた・・・」という方がいらっしゃいましたら是非一度お試しください。